夜ノ森の家

architect植木幹也+植木茶織/スタジオシナプス

address福島県

住宅特集2010年2月号 66P

北側が三角形に尖った特徴的な形状の敷地に、それぞれの辺に沿うように三つの小さな箱を配置し、中央の隙間を中庭とする計画。中庭の周りに回廊を設けることで、居室間に物理的にも視覚的にも適度な距離感を取っている。 また一体化した内部空間と外壁をなぞる輪郭がつくり出すさまざまな角度の壁面を表現するため、ラワン合板を天井と壁に用いて、出隅部分の納め方など工夫されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年2月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。