Kinari

architect松野勉・相澤久美/ライフアンドシェルター社

address神奈川県

住宅特集2010年2月号 58P

木造在来工法でつくりながら、RC造などと同じような量塊を生み出すことが目指された住宅。その結果、8畳間ほどの広さがあるスケールアウトした大きなダイニングテーブルなどがつくられているが、床レベルやディテールをヒューマンスケールで調整することで、全体にスケールインされた住宅の機能として成立している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年2月58ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。