花鳥風月+水の家

architect竹内巌/ハル・アーキテクツ

address東京都

住宅特集2009年12月号 52P

リビングを内包した大きなヴォリュームと茶室と書斎を内包した小さなヴォリュームを、エントランスホールがふたつに分ける構成。リビングに設けた6m角の開口は南東側の桜並木に向けて振ることで、平面を不定形にし、外観にも特徴を与えている。内外に自然素材を多用し適材適所で仕上げを変えることで、多様な要素をそのまま多様で複雑に見せることが意図された。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年12月52ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。