北鎌倉の家

architect岸本和彦/acaa

address神奈川県

住宅特集2009年11月号 42P

細長い敷地は風致地区と二項道路のセットバックによりさらに削られ、奥行が2.7m、長さ23mの建築形態が必然的に決まってきた。そこで内部空間の距離を最大限に活かすため、曲がったプランとしてその先に奥行を感じさせたり、スラブの段差を用いて体験をがらりと変えたり、中庭を挿入することで目線を操作する工夫がなされている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年11月42ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。