SA ハウス

architect石田敏明/石田敏明建築設計事務所

address東京都

住宅特集2009年11月号 26P

建物の外形は敷地形状と、地域協定からほぼ自動的に決定されている。また編成材によるパネル工法を用い、間仕切り壁には編成材(構造材)のほか6mm厚の鉄板を用いることで、合理的に室をつないでいる。また床材の仕上げを部屋ごとに変えることで、多様な場所をつくり出している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年11月26ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。