屋根下の家

architect植木幹也+植木茶織/スタジオシナプス

address埼玉県

住宅特集2009年10月号 130P

昔からのコミュニティが形成される農家集落の一角に建つ。農家住宅の大屋根の軒先空間や納屋といった内部とも外部ともいえないような空間を、「屋根下空間」として取り込み、外部との新しい関係をつくり出している。構成は、生活するスペースを覆う大きな屋根を架け、その下に機能の決まっている諸室を箱として配置されている。箱に設置された引き戸を開閉することで、直接外に接するのではなく、建物内部に広がる「ソト」としての空間が広がっている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年10月130ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。