仙台の家 ”オオキナキ”

architect末光弘和+末光陽子/SUEP.

address宮城県

住宅特集2009年7月号 140P

中央の壁柱を軸に3.6m角の4グリッド田の字型プランによって、5つのレベルがスキップフロアで展開されている室内。壁柱は樹木のように下階では小さく、上階になるほど大きくなり、ダイニング・リビングなどパブリック性が高い場所では、室同士のオープンな関係をつくり、寝室などプライバシーが求められる場所では、部屋という囲まれた場所になっていく。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年7月140ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。