Ravel

architect竹内申一建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2009年7月号 110P

建主の要望は、開放的で非日常的な楽しさをもつ空間。そこで、部屋の単位や壁と開口部のような建築的な分節、方位や階のようなヒエラルキーをもたない建築を、ドライで単純なシステムによってつくり出している。方法としては、一層に満たない高さ(H=2.1m)の壁ピースを、平面と断面それぞれの方向にずらしながらイゲタ状に組み合わせ、ヒダやスキマの多い迷路状の断面をした空間を実現している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年7月110ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。