斜景の棲家

architect村田基幸+安田綾香/L&C design

address神奈川県

住宅特集2009年7月号 68P

内井昭蔵が1971年に設計した「宮崎台ビレジ」の1戸を購入し、住み始めるにあたって改修したもの。逆梁の構造や押入が外部に飛び出していることによるインフィルの再構築の可能性、急斜面地を囲む蛇行配置によって各住戸からの見える緑に惹かれ購入に至ったという。改修にあたっても外部の緑を活かすために全体の色調をモノトーンにし、緑に臨む採光面の連続性を確保するために間仕切りを設けていないなど、内井昭蔵の建築を読み込むかたちで設計が行われている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年7月68ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。