NRS

architect新関謙一郎/NIIZEKI STUDIO

address東京都

住宅特集2009年6月号 72P

南面する道路を挟んだ向かいにある公園との関係と、建蔽率40%の使い方から建築は分棟形式へと導かれ、4つのヴォリュームが中庭を囲んで敷地いっぱいに分散されている。それらは内部で動線的につながり、地下を通じて連続した建築となっている。またそれぞれの棟は開口に特徴があり、中庭と一体となるべく大開口であったり、ガラス戸、簾戸、障子戸などの建具によって、さまざまな質の光が取り込まれるようになっている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年6月72ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。