帷子の家

architect矢田朝士/ATELIER-ASH

address京都府

住宅特集2009年2月号 114P

都市部の商店街に建つ小規模ビルの2階フロアの一部を設計者の両親のための住宅へ改装したもの。錫のテーブルの天板、和紙を貼ったガラス戸、ステンレスの仕上など、素材や色彩の使い方でいろいろな空間を生み出すことを試みている。それらの試みによって、一日の中でゆっくりと変化してく光や空気をとらえることができる終の住まいが目指されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年2月114ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。