内露地の家

architect高野保光/遊空間設計室

address東京都

住宅特集2009年2月号 52P

塀と門の機能をファサードと一体にまとめ、アプローチ(内露地)の床と共に宙に浮かし、緑を配することで、狭小ながら緑を街に開放している。また内部では格子の寸法や畳の目の割り方などのスケールを少し小さくしたり、スチールプレートや和み和紙などさまざまな素材を効果的に用いることで空間に広がりをもたせている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年2月52ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。