GO-TEI

architect服部信康建築設計事務所

address愛知県

住宅特集2009年2月号 30P

最高高さを4,250mmとし、周囲の建物に比べてボリュームが抑えらた平屋の住宅。光の量(体積)と反射による光、その光を受ける天井や壁の配置を調整することにより、緩やかな勾配の方形屋根を持つ高さ3,300mmの小さいトップライトから光が部屋の隅々まで回る内部空間が実現されている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年2月30ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。