廊の家

architect武井誠+鍋島千恵/TNA

address長野県

住宅特集2009年1月号 126P

傾斜角度45度の斜面に、廊下状に連続した建物が挿入される。エントランスには斜面下の道路から84段の階段を上ってアプローチする。同じ高さを移動する中で、地中に埋もれた洞窟のような場所から空中に浮いた場所へと、いろいろな地面との関係が体験できる。地面からUの字型に張り出した空間を囲む開口は、ガラス勝ちに納めることで面として見えてくる。外壁は樹脂モルタル粗塗り仕上げ、屋根はFRP。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年1月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。