• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
館山の家
西村浩/ワークヴィジョン
bookmark_outline
概略
敷地は田園風景と平砂浦を望む尾根の突端にある。この水平の風景を堪能できるように、大きな開口が設けられた。大きな開口を活かすため、内外の境界がなくなるように柱の存在感をなくし、そこに全開放できる木製建具がはめ込まれている。
所在地
千葉県
掲載誌
新建築住宅特集 2009年1月号 118P