中野の家

architect新関謙一郎/NIIZEKI STUDIO

address東京都

住宅特集2008年12月号 28P

緑と共にある暮らしを実現するために建築の面積を抑え、緑との多様な関係が得られるよう雁行する4つのヴォリュームを配している。リビングの木製建具を開け放つと庭と内部は一続きとなる。またトップライトからの光は時間と共に変化し、壁、天井とも左官仕上げの内部空間に豊かな表情をもたらす。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年12月28ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。