港北の住宅

architect鈴野浩一+禿真哉/トラフ建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2008年11月号 88P

浮いた床とふたつのニワがある住宅。通学路となる前面道路へは意識的に閉じ、室内に「ニワ」のガラスの箱を、2階の床を貫通させたり、浮いた床にのせたりと、床との関係において変化をつけながら大小2つ配置されいる。白い内部空間の中で床やコの字の囲いは褐色に塗装し、それとは対比して「ニワ」は透過した光を魅力的に変え、全体がひとつながりの空間を柔らかく区切っている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年11月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。