Yの家

architect広谷純弘+石田有作/アーキヴィジョン広谷スタジオ

address東京都

住宅特集2008年10月号 54P

登梁の形そのままを内外ともに現し、切妻の家型としたシンプルな構成の住宅。中央に階段を配し、1階には主寝室と母親の住空間、および浴室回りを、2階には居間と食堂・厨房、子供室等を配している。居間は登梁構造を現した天井の高い空間とし、白壁に切り取られた吹抜けと階段により上下に連続感のある動的な雰囲気をもっている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年10月54ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。