S&S HOUSE

architect塚田眞樹子建築設計

address神奈川県

住宅特集2008年10月号 32P

建物の構成は、鉄板を塀のような機能と構造材としての機能とを兼ねて周辺から囲い、その内側にもうひとつの囲いをつくりメインの住空間として配置。外塀と住空間の隙間には、「路地」「テラス」「バルコニー」などを設け、外気の通る場所と内気部分を連続させ、内気部分は「部屋どうしをつなぐ道」のような場所としての役割が与えられている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年10月32ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。