西荻の家

architectアーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所

address東京都

住宅特集2008年8月号 54P

東京都心の閑静な住宅地にあり、2階のスラブが張り出した片もち構造の住宅。1階は寝室など開口と壁のスリットで外部と連続しながらも、視線のコントロールをしている。2階は中庭とLDKによって、外部から閉じた状態をつくり出し、ロの字にまわされた庇によって距離感を強めている。3階は屋上緑化した庭となっており、全面的に外部を受け入れる。吹き抜けを介しながら異なった開き方・閉じ方による、多様な外部環境の取り入れ方を提案している。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年8月54ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。