土の質量

architect前田紀貞アトリエ

address神奈川県

住宅特集2008年8月号 40P

建物西に所有する畑の広がりから建物周辺で土が隆起し、それが畑から1mの高さまで基壇をなしている。その基壇と同じレベルで畳スペースが、基壇に埋め込まれるようにLDKが、配されている。2階は土塊が宙に浮かび、建物正面に迫り出すように開口部が設けられている。外壁には左官材を使用。モルタルと石を混ぜた塊を壁に投げつけダレを起こし、重力による自然な姿に仕上げられている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年8月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。