• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
Cleaving CLIFF
西澤高男+ビルディングランドスケープ
bookmark_outline
概略
既存旅館の隣に建てられた旅館オーナーのための住宅。背後に山、前面に旧街道、両側に隣家が迫っている敷地環境を生かし、山の崖側から、くの字形に折れ曲がったプランが採用され、隣家との間に採光や眺望を確保するための隙間がつくられた。耐震コアとなる階段室と隙間との間に居室空間が配置され、50mm角の鋼管と25×100mmのFBによって柱梁を構成し、軽さを表現した開放的な居室となっている。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2008年7月号 64P