• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
品川の家
堀直樹 安田朋子
bookmark_outline
概略
間口5.4m、奥行19.2mの細長い敷地に建つ住宅。FBの両側を製材によってサンドイッチした断面で門型のフレームを構成。吹き抜けを介してトンネル状のリビング・キッチン・寝室・浴室の各々のスペースがひとつながりになっている。内部は共通して5mmほど出たスチールFBの小口が連続して現れるが、それぞれ明度差の異なったスペースとなっている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2008年7月号 36P