ガジュマルハウス

architect八板晋太郎

address鹿児島県

住宅特集2008年6月号 134P

種子島の独特の気候を考慮し、風を受ける妻面にスリットを開けて空気を取り込み、内部は水回り、階段等を一体化した大きなコアで緩やかに仕切ることで空気が循環するようになっている。また開口部には数種類の建具が用意され、季節に応じた調整が可能である。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年6月134ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。