• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
大竹の家
谷尻誠/suppose design office 大野博史/オーノJAPAN
bookmark_outline
概略
南側に広がる山並みを最大限にとらえるため、限りなく外部に近い場所としてリビングから外部テラスが一体となるように考えられた。約6m跳ね出した屋根を支える柱は排除され、リビングと外部テラスは等価に扱われている。一方、北側は瀬戸内海と宮島という風景を切り取るための横長の開口が設けられている。造船に使用される防水材料によって全体を覆うことで役物を必要としないディテールが実現した。
所在地
広島県
掲載誌
新建築住宅特集 2008年5月号 58P