狛江の住宅

architect長谷川豪 橋本憲一郎

address群馬県

住宅特集2008年4月号 128P

敷地は100m2ほどの角地で、建蔽率は50%。半地下の空間は、地盤面から1m以下の地階は建蔽率対象外となることを利用し、敷地いっぱいに建物を建て、半分を居間、もう半分を庭、庭の下に寝室や水回りなどのプライベートな半地下の空間をつくっている。その半地下上部の庭の空地が、密集した住宅地を少し明るくするような存在になることが期待されている。

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年4月128ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。