森の共生住宅

architect直井克敏+直井徳子/直井建築設計事務所 名和研二/なわけんジム

address茨城県

住宅特集2008年3月号 66P

舗装道路から約500m森の中に入った別荘地に建てられた定住のための専用住宅。設計にあたっては、森の木を1本も伐らないことが決められた。ここでのテーマは自然と一体化した生活とし、自然を眺めるためのものとは一線を画している。中央部にはLDKなどの主要な生活部分が収められている。ここは2層分の高さをもち、半屋外的なものとしている。中央部の大スペースには3つの小さなプライベートスペースが分散配置されている。これは構造的にも効果があり、大スペースの正面は袖壁がなく全開口とすることができた。また、大空間にもかかわらず通常の4寸角の柱材で納めることが可能となった。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年3月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。