関係を制御する家具 東京町家 あずきハウス

architect伊礼智設計室

address東京都

住宅特集2007年12月号 60P

家具によって空間が仕切られ、「室内の屏風(ヒンプン)」としてサーキュレーションを生み出している。また「ソーラータウン久米川」(本誌0207)のときに標準化が試みられた設計手法の延長線として、家具にソーラーシステムのダクトを内蔵し、床暖房や換気にも利用されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年12月60ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。