TWIST

architect粕谷淳司+粕谷奈緒子/カスヤアーキテクツオフィス

address茨城県

住宅特集2007年11月号 112P

1階と2階の座標系を回転させることで、上下階で壁の向きや位置が異なっている。1階では外周壁と間仕切りの角度の違いによるさまざまな形状の室が、互いに見え隠れしながら連続している。上下階で壁が交差する箇所を探して柱を通し、梁の応力負担を軽減させ、地震力はすべて外周壁で抵抗させることによって解決した。この簡単な操作によって、主体構造に鉄を使っていない木造住宅であるにもかかわらず、吹抜けも含め非常にダイナミックな内部空間が実現している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年11月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。