曽我部邸

architect曽我部昌史+丸山美紀

address神奈川県

住宅特集2007年7月号 26P

北側が斜面地になった三角形の旗竿敷地に建つ。斜面をトラバースするようにスキップフロアを配置し折り畳まれたようなワンルームとなっている。冬期は、床下の蓄熱暖房機から吹抜けを介して、建物全体に暖気が流れるようになっている。構造:名和研二、設備:東京電力生活エネルギーセンター、外構:山崎誠子、壁画:淺井裕介、表札文字:毛原大樹、など多くのクリエーターが設計に参加。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年7月26ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。