• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
曽我部邸
曽我部昌史+丸山美紀
bookmark_outline
概略
北側が斜面地になった三角形の旗竿敷地に建つ。斜面をトラバースするようにスキップフロアを配置し折り畳まれたようなワンルームとなっている。冬期は、床下の蓄熱暖房機から吹抜けを介して、建物全体に暖気が流れるようになっている。構造:名和研二、設備:東京電力生活エネルギーセンター、外構:山崎誠子、壁画:淺井裕介、表札文字:毛原大樹、など多くのクリエーターが設計に参加。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2007年7月号 26P