• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
ES house-01
矢田朝士/ATELIER-ASH
bookmark_outline
概略
郊外に建つ。コンクリートの外殻である「外家」の内側に、「内家」と呼ぶ箱状の空間を入れ子状に配した構成。それにより「内家」の温熱環境を良好に保ち、スリットや建具の開閉によって、視線をコントロールしたり、自然環境との関係を調節している。また、将来的な改築などに対しても配慮されている。
所在地
奈良県
掲載誌
新建築住宅特集 2007年3月号 64P