ES house-01

architect矢田朝士/ATELIER-ASH

address奈良県

住宅特集2007年3月号 64P

郊外に建つ。コンクリートの外殻である「外家」の内側に、「内家」と呼ぶ箱状の空間を入れ子状に配した構成。それにより「内家」の温熱環境を良好に保ち、スリットや建具の開閉によって、視線をコントロールしたり、自然環境との関係を調節している。また、将来的な改築などに対しても配慮されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2007年3月64ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。