西鎌倉の家

architect八島正年+八島夕子/八島建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2006年12月号 126P

アプローチのなだらかな傾斜を進むと、西側の谷を見下ろすように雑木林の雄大な風景が広がる。「くの字型」をした建物は、屋外玄関である広間を境に、居間や食堂、ゲストルームなどが集まる西側部分と、寝室や書斎、浴室などの私的な部屋を配した北側部分とに分けられている。主要な開口には経木簾戸と障子戸が設けられ、光量と内部空間の雰囲気の変化を感じることができる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。