森の栖

architect木原千利設計工房

address大阪府

住宅特集2006年11月号 102P

60×120mmの梁を45×210mmの柱で挟みボルト留めした門型フレームによってスパン3.6m、高さ2.5m、総長14.4mという内部空間がつくられている。敷地内に残された既存家屋の躯体の一部により新たにつくられた木造部が吊られ、崖に張り出している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年11月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。