田園調布の家

architect本間至/ブライシュティフト

address東京都

住宅特集2006年9月号 36P

静かな住宅地において、プライバシーが保たれる中庭をつくることで、内部空間の開放性を際立たせたつくりとしている。LDKとプレイルーム、中庭は、建具を壁に引き込むことで約48畳の、和室も含めると約55畳の広い水平連続空間となる。そこに形態の異なるふたつの階段を置き、その階段に寄り添うように大小性質の異なる吹抜けが配置され、垂直にも連続した空間構成としている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年9月36ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。