CUBE28°

architect藤江通昌/ESPAD環境建築研究所

address静岡県

住宅特集2006年6月号 112P

斜度28度の斜面に建つ週末住宅。東側の全面ガラス開口の先に富士山を一望できるよう階段状に室を配置している。最高で約9mの天井高をもつ空間の室内環境を快適に保つため、OMソーラーを用いている。また夏には下層から上層へと風が抜けるよう考慮している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年6月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。