• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
おおつ野の家
小平惠一建築研究所
bookmark_outline
概略
周囲は分譲されてから長く時間が経過しているにもかかわらず、いまだ住戸数が少なく空地が多く残っている。周囲の環境から受ける孤立感や、南側へ上った土地形状による圧迫感への抵抗として、1枚の大きなスクリーンを立てている。それにより外部との関係を和らげ、内部を開放的な一室空間としている。
所在地
茨城県
掲載誌
新建築住宅特集 2006年5月号 122P