おおつ野の家

architect小平惠一建築研究所

address茨城県

住宅特集2006年5月号 122P

周囲は分譲されてから長く時間が経過しているにもかかわらず、いまだ住戸数が少なく空地が多く残っている。周囲の環境から受ける孤立感や、南側へ上った土地形状による圧迫感への抵抗として、1枚の大きなスクリーンを立てている。それにより外部との関係を和らげ、内部を開放的な一室空間としている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年5月122ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。