HOUSE O

architect押尾章治/UA

address東京都

住宅特集2006年4月号 102P

四角い敷地の二辺に沿うような形状でL型の平面を考え、その角を丸くして、ひと続きの外壁と、チューブ状の内部空間をつくっている。内部は曲率の異なる曲面壁で囲われ連続し、部屋の先にまた違った部屋の存在を感じさせる。チューブの端からは、それぞれ周囲への視線の抜けがあるよう考えられている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2006年4月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。