• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
西大路の家
三上晴久/神戸芸術工科大学三上研究室
bookmark_outline
概略
間口4m・奥行20mの敷地形状に可能なかぎりの空間を確保するために、長手の壁面には室内側からの施工が可能な仕上げ材を用いている。奥行方向に細長い空間に、2カ所の外部空間(中庭と西側の庭)を挿入することで、採光と通風を考慮している。
所在地
京都府
掲載誌
新建築住宅特集 2006年2月号 126P