• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
粉浜の家IV
竹原義二/無有建築工房
bookmark_outline
概略
隣家との間が160mmと70mmという、間口いっぱいに建てられた住宅。 敷地内で建てられた1枚の壁を、曵き家工法の逆で考えられた「押し家工法」によって隣地側にスライドさせ、残りの躯体を組み上げて軸組を完成させている。
所在地
大阪府
掲載誌
新建築住宅特集 2006年1月号 43P