• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
大泉学園の家
田辺芳生/PRIME
bookmark_outline
概略
ポリカーボネイト波板の外構塀が巡り、外部との緩やかな関係をつくりつつ、広がりのある内部空間を実現している。上階では周辺環境に合わせ開口部の位置と大きさが調整されている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2005年11月号 64P