• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
水平スリットの家
黒木実建築研究室
bookmark_outline
概略
周囲の里山に対しては、コンクリート壁で閉じた表情として、水平スリットを数本刻み込んでいる。庭と、近隣の住人が共有する「つきあい道」には、開口を多くとり開いた表情とし、プライバシーを守るための塀を設けている。
所在地
滋賀県
掲載誌
新建築住宅特集 2005年10月号 122P