9坪ハウス“Tall"

architect阿部仁史+阿部仁史アトリエ

address神奈川県

住宅特集2005年10月号 40P

増沢洵による設計の「最小限住居」(1952年)を、基本的な原則を守りながらアレンジした住宅。オリジナルに対して、建物の高さを引き延ばす、開口部を各立面に均等に配置し建物の方向性を消す、水回りを1階と2階に分けて配置する、という主に3つの操作が行われた。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2005年10月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。