• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
9坪ハウス“Tall"
阿部仁史+阿部仁史アトリエ
bookmark_outline
概略
増沢洵による設計の「最小限住居」(1952年)を、基本的な原則を守りながらアレンジした住宅。オリジナルに対して、建物の高さを引き延ばす、開口部を各立面に均等に配置し建物の方向性を消す、水回りを1階と2階に分けて配置する、という主に3つの操作が行われた。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2005年10月号 40P