伏しめがちな家

architect加藤詞史

address埼玉県

住宅特集2005年4月号 140P

「通り土間」や古建具の細格子によって、生活の場と稽古場を柔らかく隔てている。低層部の大屋根は壁から独立して光をとり入れ、細格子、下見板、深い軒など、「記憶をもったカタチ」が生活に余韻を生む。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2005年4月140ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。