• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
伏しめがちな家
加藤詞史
bookmark_outline
概略
「通り土間」や古建具の細格子によって、生活の場と稽古場を柔らかく隔てている。低層部の大屋根は壁から独立して光をとり入れ、細格子、下見板、深い軒など、「記憶をもったカタチ」が生活に余韻を生む。
所在地
埼玉県
掲載誌
新建築住宅特集 2005年4月号 140P