スローライトハウス

architect西田司+オンデザインパートナーズ

address茨城県

住宅特集2005年2月号 126P

建主は目にハンディキャップをもち、光の強さと弱さのギャップが外部を含めて活動領域全体にあまり起こらない状況が望まれた。そこでこの住宅では、内部と外部という光のコントラストを生み出す境界面を排除し、敷地全体が同じような明るさになるように考えられている。具体的には、敷地の3つの角に庭を配置し、庭への光の取り込みは上部からに限定し、その庭に設けた回廊に格子状の庇を回している。庭によって型取られた残りのひだ状の部分が玄関やLDK、和室、寝室となっており、各庭での体験は内部空間をまたいで、庭、内、庭、内と連続して感じられ、別の場所の活動が垣間見られる。なお、玄関から内部空間へはスロープ状になっている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2005年2月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。