HOUSE FNH

architect塩田能也/インターデザインアソシエイツ

住宅特集2005年2月号 112P

南東の角地に建つ地下1階地上2階建ての住宅。地階に配された書斎と寝室にはハイサイドライトから外光が入る。1階にふたつの子供室と浴室、2階に広間と台所。建物は、西側隣地境界側にコンクリートの壁を1枚建てて、この壁と対になるようにL型の鉄骨フレームを900mmピッチで並べて外殻を形成している。そのコンクリート壁と鉄骨との接続部分となる2階西側上部にはペアガラスのトップライトが取られている。東側外壁は0.8mm厚のガルバリウム鋼板をブラインドリベットで留めて工場製作した幅880mm×長さ約7,000mmの一枚パネル。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2005年2月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。