中野坂上の住宅

architect内海智行+長崎辰哉/milligram studio

address東京都

住宅特集2005年2月号 98P

細幅のH型鋼の柱と格子梁による厚さ100mmのチューブ構造で全体がつくられている。外周に沿って900mmピッチで柱と梁を配置し、ブレースは用いていない。均一ピッチの柱間に架けられる収納用の棚板は、柱の形状に合わせてカットされていて、空間が無駄なくしようできるようになっている

close
arrow_left
1/2
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2005年2月98ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。