• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
Nt-house
山隈直人/kt一級建築士事務所
bookmark_outline
概略
1階部分を全体のベースとし、2階より上を法的に可能な最大の箱としてつくり、その箱の内部に必要な大きさの床を吊り下げ、居室としている。吊り下げられた床は、下の空間の天井ともなる。床はロッドで大梁から吊られているので、下から柱で支えるよりもすっきりとした空間が実現されている。
所在地
大阪府
掲載誌
新建築住宅特集 2005年2月号 78P