ヴェネチア・ビエンナーレ ロシア館の改修

architectアレクサンドラ・コヴァレヴァ+佐藤敬/KASA 2050.plus(監修) MAP Studio(ローカルアーキテクト)

addressイタリア

新建築2021年12月号 118P

1914年にアレクセイ・シューセフ氏が設計し,その後複数改装が行われていたロシア館をオリジナルに近い姿で再生した.外壁の塗り直しや,閉じられていた開口の復旧などの手入れを行い,周辺環境との関係性を回復した.第17回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で,当初は現地での設計風景を展示する予定であったが,開催が後ろ倒しになったことで,改修した空間そのものが主たる展示物となった.ロシア館の一連の展示は,特別表彰を受賞.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。