木陰葺の東屋

architect由利光+生田海斗(基本設計・監修) 角田暁治/京都工芸繊維大学建築設計研究室(監修・監督)  MASAA(実施設計)

address広島県

新建築2021年11月号 174P

「ひろしま建築学生チャレンジコンペ2019」による,広島市の日本庭園「縮景園」内の公衆トイレ建て替えプロジェクト.半透明ガラスの屋根と,部材の角度調整による見え方の変化を付けた木ルーバー壁によって,周囲の豊かな自然環境をトイレ内部に引き込むことを意図した.軒高3,858mmの軒下空間には,ルーバー壁にベンチを取り付けた.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。