八代市民俗伝統芸能伝承館(お祭りでんでん館)

architect平田晃久建築設計事務所

address熊本県

新建築2021年9月号 32P

ユネスコ無形文化遺産に登録された国指定重要無形民俗文化財「八代妙見祭の神幸行事」をはじめ,地域の無形民俗文化財の保存継承,交流促進の拠点として計画.八代市厚生会館(本誌6209,設計:芦原義信建築設計事務所)の別館があった敷地に建つ.周辺に繋がる道を2棟の間に通した.屋根下はお祭りの笠鉾を組み立て,通過できる高さを設定.

close
arrow_left
1/9
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。